Fire TV StickでミラーリングしてスマホやPC画面をテレビに映す方法。ライストにも使える!

Fire TV Stickはスマホやタブレット、パソコンの画面を簡単にテレビ画面に映し出すことができます。

テレビ画面にスマホなどの画面を映し出すことをミラーリングと言いますが、ここではその方法を簡単に説明します。

Fire TV Stickでミラーリングする方法

iPhoneでミラーリング

iPhoneやiPad、Macからミラーリングするには、AirPlayを使います。
Apple TVなら標準で付いている機能ですが、Fire TV Stickにはありません。
そこでFire TV StickにAirReceiver(有料)というアプリをインストールします。

Fire TV StickでインストールしたAirReceiverを起動した状態で、iPhoneの画面下から上に向かってスワイプすると出てくるメニューにあるAirplayを選択します。

すると、アップルTVのマークですがデバイスが見つかるのでそれをタップ。

それだけでiPhoneの画面をテレビ画面に映すことができます。

Androidでミラーリング

Android端末でミラーリングするには、Fire TV Stickのリモコンでホームボタンを長押しします。

リモコンの「家マーク」です。

するとこのような画面になるので、ミラーリングを選択します。

「ミラーリングを選択した画面」のままandroid端末の操作をして、設定や接続からミラーリング、マルチスクリーンといった項目を探して選択します。

android端末からのミラーリング方法はたったこれだけ。

パソコンからミラーリング

パソコンの画面もミラーリングできます。

ただし、遅延したりノイズが出たりと使い勝手はあまりよくありません。

PCからミラーリングするにはFire TV Stickでandroid端末の時と同じようにリモコンのホームボタンを押し、「ミラーリング」を選択します。

その状態でPCの右下の吹き出しマークをクリック。

表示をクリック

Fire TV Stickが検出されるので選択。

これで、ミラーリングできます。

ただし、前述したとおり遅延やカクつきがありあまり快適に見られるとは言い難いものでした。

インターネットはFire TV Stickで専用のブラウザアプリがあるのでそちらで十分です。

スマホ、タブレットからのミラーリングは快適なので活用できます!

ミラーリングでできること

Fire TV Stickのミラーリングはどういう時に使うのか…

スポーツのライブストリーミング(ライスト)、Fire TV Stickのアプリで対応していない動画サービス、iPhoneで撮影した動画や画像を映し出したり、スマホに入っている資料などを映し出したりと使い方は様々です。

色んな動画サービスがアプリとしてFire TV Stickに対応してきていますし、「Firefox」と「Silk」というブラウザアプリの登場によってミラーリングをしなくてもできることはかなり増えています。

それでも手軽にスマホの画面をテレビに映し出せるという機能は便利なので一度使ってみて欲しいです。

 

コメント